ネコちゃんを飼うネコちゃんを飼う

どのネコちゃんをどこで飼うか決まれば、実際どうやって飼うのか考えてみましょう。次は、子猫を飼育するときに気をつける点です。成猫の場合、更に注意する点があります。







飼うときの費用

飼うネコちゃんによって費用は無料から数十万円かかります。雑種はシェルターからもらい受ける場合以外は基本的にかかる費用は獣医の診察代ぐらいとなります。もし無料の場合は必要とされるケアを受けていない可能性もあります。ネコちゃんはエサ、寝床、トイレと獣医の定期検診を始め、現具や爪とぎ用品も必要となります。

連れて帰る前にやっておくこと

まず、ネコちゃんと実際に遊んで、性格が合うかどうか見極める必要があります。大体のシェルターは個室でネコちゃんと触れ合わせてくれます。その時、くれぐれも脅かしたり、凝視して怖がらせないようにしてください。静かに座ってすり寄ってくるのを待ちましょう。一対一で触れる機会がなければケージ越しに様子を伺ってみましょう。ネコちゃんは狭くて安全な場所を好むので、ケージ内にいるときは自然に振る舞えています。友人や個人からネコちゃんを譲ってもらうなら触れ合う時間をたくさん作りましょう。

ネコキャリー

子猫を連れて帰るときはキャリーに入れて運びます。腕に抱いて帰りたい気持ちを抑え、安全のためにも段ボール箱でなく、しっかりとしたキャリーに毛布を入れて連れて帰りましょう。

ケアパッケージ

子猫がそれまでに住んでいた場所から離れる場合、新居に徐々に慣らすために、それまでの環境の匂いがついたおもちゃや毛布を持たせることがあります。これと一緒にエサや薬も渡されます。

かかりつけの獣医さん

子猫を家に連れて帰る前に獣医さんの診察を受ける方が安心です。元の飼い主さんにかかりつけの獣医師を教えてもらうのがいいでしょう。子猫は伝染病を持っていることがあるので注意してください。