デンタルケアデンタルケア

ネコちゃんは肉食性で、祖先が獲物の肉を切り裂くために使用した、尖った歯が生えています。ネコちゃんが歯を数本でも失うということは、食事するときに伴う痛みと狩猟する能力が衰え、死を意味します。
近年のネコちゃんはデンタルケアの進歩と、何か問題があった時の獣医師の専門的治療を受けることができる境遇に恵まれています。あなたでもネコちゃんのデンタルケアができますよ!




食事のインパクト

人間と同じように、ネコちゃんの食事内容も歯に影響を与えます。ネコちゃんは常に糖分の多いウェット フードを与えられ、これが歯石の原因となり、歯茎の病気や歯が抜けるといった症状を引き起こします。ネコちゃんに必要な栄養が配合されているバランスの良い健康的な食事を与えることを意識し、おやつは日常的にではなく、しつけという目的や特別な機会に与えるようにしましょう。

おもちゃと歯ブラシ

子猫の歯磨きに効果的な商品があります。特別な素材でできた噛んで遊ぶおもちゃは、蓄積された歯石をいくらか取り除きます。更に、ネコちゃんの歯磨きを頻繁に行える歯ブラシ用品も市場に出回っており、味付きの歯磨き粉でもネコちゃんは嫌がることはないでしょう。子猫の内に歯ブラシの習慣をつけておくと、大人になってからも嫌がることはありません。

老化と気質

歯のケアをしていても、老化や遺伝的な気質によって歯の質が悪くなっていく場合があります。ブリティッシュショートヘアやペルシャは他の種類のネコちゃんよりも、歯の病気を抱えやすいことで知られています。

痛みのサイン

ネコちゃんは痛みを隠しがちで、痛がっていることは非常に分かりにくいです。サインとしては、食欲がなくなる、口臭がきつい、歯茎の出血や炎症、過剰な唾液、歯の欠損や変色がありますので注意して見ましょう。こういった症状が見られるならすぐに獣医に診せて治療をしてもらってください。近年の医学は進歩しており、歯が抜けている、歯がないネコちゃんでも痛みのない幸せな生活を送ることができます。