ドライフードとウェットフードドライフードとウェットフード

世の中には、価格や味、療法レシピなど様々なキャットフードで溢れています。この中で選択ができても、最終的にはドライかウェットかどちらが良いのか?で悩む事でしょう。どちらも一長一短がありますが、両方とも与えることに問題はありません。






ドライフード

ドライフードは保存性と便利さが利点です。しばらく出した状態でも腐らず、少し食べてまた後で残りを食べることもできます。ただ、常に出しっぱなしにすると、いつでも食べられるので肥満の原因になります。また、毎日エサを取り替えるのも大事です。他の利点はウェットフードより安価で、大袋で購入できることです。ドライフードは水分値が10%以下なので、こだわりのあるネコちゃんには人気がないかも知れません。また、水分値が低いので、普段以上に食事中の水分補給に注意を払わなければなりません。

ウェットフード

ウェットフードは非常に種類が豊富なので、味にこだわるネコちゃんの舌に適うものも容易に見つかるでしょう。ウェットフードの水分値は75から85%と高く、多少の水分補給もできます。一回で食べきれる量に分包されているので、与えるのも楽です。また、年老いたネコちゃんなど、うまく咀嚼できないネコちゃんでも、きちんと栄養が取ることができます。

難点は与える時間です。ウェットフードは乾燥したり気温によっては凍りやすいため、開封してすぐに食べなければなりません。また、ハエや菌の温床となるため、食べ残しも廃棄すべきでしょう。

一緒に与える時の注意

ネコちゃんへの給餌量はフードのパッケージに記載されています。給餌量はネコちゃんの体重が基本となります。肥満を避けるために、ウェット・ドライの両方を与える際は、摂取カロリーの調整を忘れずに行いましょう。