子猫を他のペットと一緒に過ごせるようにするためには

子猫は他の動物に好反応を示しますが、子猫の性格を弁えながら他のペットと関わるように注意しましょう。子猫を他のネコちゃんの仲間にするには、数週間と時間をかけて、以下のステップを踏まえましょう。





子猫と成猫

特に成猫は縄張りを侵されていると思いがちなので、子猫の存在を少しずつ意識してもらうようにしてください。手始めに、子猫が遊んだ毛布やおもちゃを成猫の周りに置き、子猫の匂いに慣れさせましょう。次に、子猫をキャリーに入れたり、網戸越しに会わせ、お互いの姿に慣れさせます。最後に飼い主が見える範囲で子猫と成猫を遊ばせましょう。

子猫と他のペット

子猫を他のペットと遊ばせたい時は上記の手順を踏むと良いでしょう。また狩る方と狩られる方の習性を元に区分けするように注意してください。ウサギやギニーピッグのように、狩られる側の動物はネコちゃんの存在を脅威に感じる場合があります。子猫はなつっこいので、飛んだり付きまとったりしますが、これは狩猟する習性の一つなので、ウサギなどは怖がる場合があります。子猫を犬と遊ばせる時も同じ手順で慣れさせますが、犬はネコちゃんより体が大きく、他意がなくても遊んでいる最中にケガをさせることもあるので注意してください。