起源起源

一番初めの家猫の起源は定かではありませんが、その祖先は遺伝学的にはリビアヤマネコであることが分かっています。またこのヤマネコは古代エジプト、紀元前3600年頃に家屋で飼われ始めていたことが壁画や塑像から分かります。







古代エジプトは多くの文化遺産がありますが、科学者の間では、ヤマネコはここの豊かな食材に集まった獲物を追っていつの間にか近くに住みついたと考えられています。人間もヤマネコがいることで食材が守られることを知ることとなりましたが、近年の考古学調査により、中国では5300年前、サイプレスでは9500年前にネコちゃんと人間が一緒に暮らしていたことが、発掘されたお墓の中を調べた結果分かりました。

愛情への耐性

家猫となった過程は明らかではないですが、食材を狙った獲物を追って人間の近くに住みつき、食材を守る動物として見られるようになったという諸説があります。ヤマネコはそのうち人間を信用し始め、野生の習性が次第に薄らいでいきました。同時に、人間もネコちゃんに愛情を持って接するようになり、いくつかの団体によっては、自然とつながる存在として崇拝されるようになりました。

今日では4世帯の内1世帯は1匹以上のネコちゃんを飼っていると推定されます

ネコちゃんを家猫として、完全に飼いならすことはできるの?

現在でも、ネコちゃんを犬のように完全な家猫にすることはできません。これはヤマネコの習性が多く残っているためです。ネコちゃんが野猫に戻りやすいのも、野良猫の頭数からみてもわかりますね。去勢や卵巣が除去されていない家猫は機会があれば野良ネコと交尾することもでき、病気になる危険性をはらんでいます。ただ、そうとは言っても、ネコちゃんの社交性と体の小ささが家庭に向いているとされてきました。

働くネコちゃん、ペットとしてのネコちゃん

数千年もの間、ネコちゃんは牧場でネズミなどを退治してきました。今でもこのように働くネコちゃんもいますが、一般的にはコンパニオンアニマルとして認知されています。ネコちゃん特有の性格や外見が今の愛猫家協会や団体を作り、ネコちゃんは益々愛情を注ぐ対象として地位を固めてきました。今日では、4世帯の内1世帯が1匹以上の猫を飼っていると推定されています。ネコちゃんが家猫になった起源は分かりませんが、人間に与えてきた影響は大きく、これからも人類と共に生きていくことでしょう。