ネコちゃんの繁殖についてネコちゃんの繁殖について

ネコちゃんの繁殖については、愛猫協会の規定や特有の倫理規制などがあります。ネコちゃんのブリーダーは飼育するネコちゃんを大事にし、その子猫を売る利益ではなく、健康を一番に重視しなければなりません。







純血猫種の難しさ

繁殖過多の問題を解決するために、繁殖目的以外に家猫として引き取る場合は去勢、もしくは卵巣を除去しなければなりません。また、誰しもブリーダーとして登録ができるものでもありません。たくさんの提出書類があり、例えばメス猫が年間出産する頭数の制限など、動物福祉規制に準ずる必要もあります。これらの規制は、ネコちゃんの精神的・肉体的健康を確保するためにあり、子猫が一番良い環境のもとで生活できるようにしています。従って、純血猫種を飼いたい時は登録できているブリーダーにコンタクトを取ることをお勧めします。

品種を守るため

昔、特定の品種を意図的に近親と交配させ、その基準が確実に受け継がれるようにしていた時期がありました。今日ではこのような行動に対して規制ができましたが、品種存続のためにこの行為を継続しているブリーダーもいます。近親の交配は遺伝的な奇形や奇病に見舞われる確率が高く、基準に準じたとしても生命の質に大きな影響を及ぼします。飼い主はネコちゃんの詳細な家系図やDNA検査により、このような行為がなされていないことを確かめることができます。

物議をかもす繁殖

希少な遺伝子を持つネコちゃんの繁殖に関しては、上記の理由により物議をかもしています。基準を受け継がせるため、ブリーダーが半強制的に近親交配させます。また、特定の品種の特徴とされているものが、実は遺伝的な奇形である場合、品種の温存のために繁殖を続け、その命を危険にさらしても良いのか?という問題もあります。

ハイブリッド猫

家猫と野猫を交配させて生み出す“ハイブリッド”猫に関しても多くの討議が行われています。野猫をペットとして飼うことは法律で禁止されており、またこのようなネコちゃんは家猫として見なすことも難しく、法規制上の問題を多数引き起こします。倫理的にも、金銭目的で作られたものとして動物愛護団体は反対の声を上げています。

調べましょう!

このような物議をかもす繁殖に、マンチキン(足が非常に短い猫)やサバンナ(家猫と山猫の交配種) も含まれています。ペットとして、または繁殖目的として飼いたいとなると、十分な下調べと背負う責任について考慮しなければなりません。