視覚視覚

現代の家猫の先祖は狩猟する習性があり、このため視覚も優れています。狩りは夜明けや夜更けの薄明かりで行うため、光に対する瞳孔の反応が早く、わずかな光でもよく見えています。眼光には光を吸収する層がありますので、暗闇の中で光を向けるとネコちゃんの目が光るのはこの層が反応しているためです。





狩りをする目

ネコちゃんはウサギやマウスのように頭の両側でなく、人間のように顔に両目がついています。ただ人間と違い、ネコちゃんの視野は広いですが、近くはあまり見えていません。1~2m先のものを認識するのは難しいですが、動きのあるものは光を屈折させるので反応することができます。分かりやすい例として、目の前におやつを差し出しても反応が鈍かったりしますが、投げると即反応できるのはこれが理由です。

目の色

ネコちゃんは暗がりの中を見ることはできますが、色を識別するのは得意ではありません。目が光に反応することに特化しているため、その分色を見分ける能力は落ちます。特に赤の波長が不得意で、赤やオレンジ色を見分けることが難しいです。

目の色

もう一つのまぶた

闇夜でも見える発達した視覚とは別に、目を守るためのまぶたがもう1つあります。このまぶたは横に開閉し、目の汚れをきれいにして目を潤す役割を果たしています。まぶたは一見分かりませんが、ネコちゃんが目を開けたり閉じたりするときに見ることができます。もしこのまぶたが普通に見える状態でしたら病気を疑って獣医に連れて行きましょう。