味覚味覚

人間のように、ネコちゃんの舌も多数の味蕾で覆われています。肉食性で肉が主食なため、人間より味覚が少なく、目の前のものが食べられるかどうかは臭覚に頼っています。







ネコちゃんの舌は味を感じるだけでなく、舌乳頭と呼ばれる味蕾の集合体がグルーミングをしたり、生肉を食したり、水を飲むときのスプーン役をする働きがあります。この舌がサンドペーパーに似た感触だということは、ネコちゃんに舐められた経験のある飼い主さんにはお分かりでしょう。

ネコちゃんの歯を見れば、肉食性であることが分かります。大きくて尖がっており、肉や獲物を歯で割くように食べます。お店にある多くのキャットフードは、ネコちゃんが噛んだり、切ったりしなくてもいいように加工されています。奥歯で食べ物を砕く人間とは違い、ネコちゃんは丸ごと飲み込み消化させる食べ方なのです。

嗜好

ネコちゃんは酸味・苦味・塩味は分かりますが、甘味はそうでもないという検証結果が出ています

ネコちゃんがフードを食べる際、どの味を感じているかは分かりませんが、酸味・苦味・塩味は分かるが、甘味はそうでもないという検証結果が出ています。しかし、アイスクリームや菓子パンに興味を示すネコちゃんもいます。これはクリームや脂質が気になっているのだろうと思われます。ただし、乳糖不耐症のネコちゃんに乳製品を与えると、消化器官が正常に機能しなくなるので注意しましょう。